09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.07.28 (Sat)

男鹿和雄展@東京都現代美術館

先日のブログで、行きたいと書いていた
男鹿和雄展へ行ってきました~。

2007072801


もしかしたら混んでるかな~
ぐらいの考えでいったら甘かった・・・カオナシ
チケット購入に30分、展示場に入れるまで60分待ちの
案内が出てる・・・アップロードファイル
どうやら今日は、こどもの日といって、
高校生以下は入場料が無料だったようです。
この混雑もそのためだったのかな~??
そもそもこどもの日ってなんで?
夏休みだから・・・・?
でも、あまり子供はいなかった気もするので、
混雑とは関係ないのかしら・・・。
まるでディズニーランドのアトラクションかと
思うような長蛇の列に、一瞬ひるみながらも
せっかく来たんだし絶対見て帰る!!と気合を入れる!
チケットは、美術館の向かいにローソンがあったので
そこまで戻って、ローソンチケットで購入(笑
もし、週末に行かれる場合、自宅近くのローソンで当日券を
購入してからの方がいいかもしれません。
空いてれば問題ないのですが・・・。

無事チケット売り場の行列はクリアして
入場の列に並んだんですけど、表示よりは早く、
30分ちょっとで中に入れましたヨカルシファー

無事、中に入れたはいいものの、とにかく人がすごくて、
あまりゆっくりは見れませんでしたスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、
背景画やセル画が見れて、好きな作品だったら
「あ、あのシーンだ~!」と思いながら見れるので
ジブリの作品が好きな人は楽しめると思います。
アニメのシーンとしても、もちろん楽しいけど
一枚の絵としても、描写がとっても細かくて
うっとりと見てました。
景色を描いたものなんて、普通に絵画として
飾りたいぐらいのものだったなぁ。

前回ブログでは、天空の城ラピュタが好きと書きましたが
どうやら、ラピュタの背景画は男鹿さんではないのかな?
ラピュタとナウシカはありませんでした。
って、マニアだったらこれぐらい常識なのかしら?
私は知らなかったんですけど・・・・

展示されていた背景画は、
「となりのトトロ」に「紅の豚」「魔女の宅急便」
「おもひでぽろぽろ」「耳をすませば」
「平成狸合戦ぽんぽこ」「もののけ姫」
「千と千尋の神隠し」「ゲド戦記」「ハウルの動く城」
そして、ジブリ以外にも、男鹿和雄さんの過去の作品などなど。
「明日のジョー」とか、「はじめにんげんぎゃーとるず」なんて
お仕事もされていたんですね~。

こうして見ていると、
書けないと分かっていながらも、思わず絵を
書いてみたくなります。
我ながら単純・・・sc03
他には、展示の他にも「折り紙でトトロを作ろう!」なんて
ブースがあったり、こうした背景画とか
トトロと記念写真が撮れる場所があったりして、
夏休みにはいい展示会かもしれません

20070728022007072803


今日は、隅田川の花火のためか、浴衣姿の人をあちこちで見ました。
浴衣、また着たいな~。そして温泉行きたいな~。
隅田川花火はおうちで、お酒片手にテレビで見ていますヨ。
テレビが一番きれいに見えるのだ(笑



今日は1日、朝の8時から夕方6時までずーっと外出してました。
1日中、あちこち歩き回ってかなり疲れた~。
あまりに疲れすぎて、帰りの電車の中で具合まで悪くなってしまい、
なんとか必死に家に帰り着く始末・・・。
ホント体力ないなぁsc04
体力ってどうやったら付くんだろう。
体力欲しいよ~

・・・とか言いつつ、ちょっと休んで回復したからって
お酒飲んでる私も私ですけど・・・アップロードファイル
ほんとにいい加減、お酒控えないと~汗
ああ、体力も欲しいが、強い意志も欲しい!



外出中、途中で寄った本屋で、休憩がてら外をボーッと眺める。
眼下を行きかう人々。
こういった景色っていつまで眺めてても飽きないんだなぁ

2007072804

スポンサーサイト
【編集】 |  20:18 |  つれづれ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメント投稿
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。