09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.06.28 (Thu)

今月読んだ本

「東京タワー オカンとぼくと時々オトン」 リリー・フランキー
今頃になって読みました。
図書館で予約して、3ヶ月待ち。
やっと読めた。
ひたすら泣いた。
前半、淡々と続く話に、若干不安を覚えつつも、
後半引き込まれる。
『絶対泣くから、家で読まないと危険』との前評判を参考に
後半は家で読んだのですが、大正解。
せつなくて、あったかい気持ちになれます


「鈍感力」 渡辺 淳一
こちらも3ヶ月待ち。
なるほどな、参考にします


「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂 幸太郎

「アフターダーク」 村上春樹
だから、どうなの?といった終わり方が多い春樹作品。
でもなぜか、いつも引き込まれてぐいぐい読みます。
そんな所が、春樹ワールドなんでしょうかね。
『スガシカオの「バクダンジュース」』というフレーズが出てきて
ちょっとニヤリ。

「中国行きのスロウ・ボート」 村上 春樹

「スプートニクの恋人」 村上 春樹

「淫らな夢」 岩井 志麻子


ちょっとハイペースで読みすぎたかもしれない。
おかげでやらなきゃいけない事がたまりまくり・・・
スポンサーサイト
【編集】 |  21:07 |  Book  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメント投稿
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。